ナチュールCのビタミンCの役割とは?

ナチュールCの重要な成分であるビタミンCとは、2つの重要な役割があります。





ひとつはお肌のハリに影響をおよぼすコラーゲンの生成に重要な役割をもっています。そして、もうひとつは、抗酸化物質として、アンチエイジングの働きを持っています。


ここでは、その2つのビタミンCの役割をみていきます。


コラーゲン生成


ビタミンCは別名をアスコルビン酸ともいいます。このアスコルビン酸ともいわれるビタミンCは、実は普通に体内で消費されるだけでなく、水溶性となっているため尿といっしょに排出されてしまいます。


なので、ビタミンCを補給しないとからだの中のビタミンCが不足してしまい、疲労感がたまってきたり、食欲不振などがおきます。


昔だと、壊血病といって、からだのあちこちから出血するような病気がおこってしまうこともありました。


このビタミンCはアミノ酸からコラーゲンが作られる過程でその働きを促します。つまりコラーゲンの生成をうながすわけです。なので、ビタミンCが少なくなるということは、コラーゲンの減少を意味します。


そして、コラーゲンの減少は、肌のハリをなくすことにつながるのです。コラーゲンは、加齢とともに少なくなるお肌の成分のひとつなので、いまではアンチエイジングとしても、ビタミンCの存在は大きくなっています。


こんな重要なビタミンCですが、私たちのからだのなかで自然につくられることはありません。なので、ビタミンCの補給は重要なのです。


からだの酸化防止


さて、こんなビタミンCですが、実はもう一つ重要なやくわりもあります。





からだには、老化の原因といわれる活性酸素があります。この活性酸素はからだをかたちづくっているたんぱく質や脂質などを酸化させてしまいます。


つまり『さびさせてしまいます。』


この錆びさせる効果によりからだはおとろえ、それこそお肌のシミやシワ、たるみなどなどいろいろな加齢にともなう症状があらわれるのです。


こうした酸化を防止する抗酸化物質として活躍できるのがビタミンCなのです。


ビタミンCはコラーゲンの生成だけでなく、からだをさびさせる成分を消去できる抗酸化物質の性質もあるのです。


↓↓とにかくビタミンCたっぷりtのナチュールCを試してみる?↓↓





 

サイトマップ